フロテックアンカー技術研究会

よくある質問

1. 一 般

フロテックアンカー技術研究会とは?

フロテックアンカー技術研究会は、フロボンド(付着型ECFストランド)を用いたグラウンドアンカーシステム「フロテックアンカー」の技術研究およびその普及を目的とし1995年4月に発足致しました。
「フロテックアンカー」は、1995年12月に財団法人土木研究センターにて技術審査証を取得、2000年2月には「フロテックアンカー」を改良した「スーパーフロテックアンカー」の技術審査証を取得、2015年3月には「スーパーフロテックアンカー」の新タイプを追加開発した「スーパーフロテックアンカー【維持管理型】」の技術審査証を取得し、国土防災事業に貢献できるよう活動に取り組んでおります。

「スーパーフロテックアンカー」とは?

「スーパーフロテックアンカー」は、米国 Florida Wire and Cable Company社から技術導入したフロボンド(付着型ECFストランド)を引張り材として用い、専用の付属部品と組み合わせたグラウンドアンカー(地盤工学会基準)システムです。

「スーパーフロテックアンカー」の特長は?

「スーパーフロテックアンカー」は、次のような優れた特長を有しています。
① 使用用途に応じて、再緊張が容易な簡易調整タイプ、荷重調整が容易な荷重調整タイプなど頭部構造を選択できる。
② 耐食性、付着性に優れたフロボンドを引張り材に使用しているのみならず、頭部および頭部背面部、自由長部とアンカー体境界部は水密性に優れた構造になっている。
③ シンプルな構造のため、現場組立と工場組立のどちらも対応可能で、現場組立においても確実かつ品質の高いテンドンの加工が行え、現場での長さ変更に対応できる。

「スーパーフロテックアンカー」の種類は?

「スーパーフロテックアンカー」の頭部構造は、表1のとおり標準タイプ、簡易調整タイプ、荷重調整タイプの3種類があり、再緊張(リフトオフ試験時の残存引張り力の測定など)や荷重調整(アンカー補修・補強時の再緊張・緊張力緩和など)が容易に行え、使用用途に応じて選択します。斜面安定対策などの一般的な用途に採用する場合は、簡易調整タイプを推奨します。
また、アンカーディスクの外周は、表2のとおり標準タイプと荷重調整タイプはネジ加工、簡易調整タイプはくびれ加工(SFL-1はネジ加工)が施されており、これらを利用して再緊張などを行います。荷重調整として再緊張を行う場合は、アンカーディスクの下にシムを挟むか、リングナットを調整してアンカーディスクを浮かせます。一方緊張力緩和を行う場合は、シムを抜くかリングナットを戻します。なお緊張力緩和を行うには、定着時にあらかじめ緩和すべき緊張力に相当する変位量を計算し相当厚のシムを挟むかリングナットを調整してアンカーディスクを浮かせておく必要があります。。

●標準タイプの頭部構造

●簡易調整タイプの頭部構造

●荷重調整タイプの頭部構造


表1:「スーパーフロテックアンカー」の頭部構造の特長
タイプ 特長 再緊張 荷重調整 実績
標準タイプ 多くの実績がある
簡易調整タイプ
(SFL-2~SFL-12)
再緊張が容易で経済性に優れる
荷重調整タイプ ±100mm※の荷重調整が可能
※調整量は、アンカー長や定着荷重などの状況に応じて変更可能
表2:「スーパーフロテックアンカー」の定着具の特長
タイプ アンカーディスクの外周構造 リングナットの調整量 シム
標準タイプ ネジ加工(Mネジ) 10mmまたは20mm 必要に応じて使用する
簡易調整タイプ
(SFL-2~SFL-12)
くびれ加工 必要に応じて使用する
荷重調整タイプ ネジ加工(台形ネジ) 100mm 高さ50mm※
※調整量は、アンカー長や定着荷重などの状況に応じて変更可能
フロボンドとは?

フロボンド(付着型ECFストランド)は、JISで規定されたPC鋼より線に耐食性の極めて優れたエポキシ樹脂をピンホールがない十分な塗膜厚で被覆し、さらにグラウトとの付着性向上のためエポキシ樹脂被覆表面にグリット(けい砂などの不活性粒子)を埋め込んだ土木学会で規定された引張り材です。その防食性能は、耐薬品性試験、塩水噴霧試験などで確認されており、安心してお使い頂ける製品です。

2. 材料

準備中

準備中

3. 積算

準備中

準備中

4. 設計

準備中

準備中

5. 施工

準備中

準備中

6. その他

準備中

準備中